身体拘束最小化 座談会に参加して

医学書院の方々の提供で、現場で困っている身体拘束について

座談会を開催することになりました。

『「身体拘束最小化」を実現した松沢病院の方法をプロセスを全公開』を読んだ上で・・

医療法人社団全生会江戸川病院・看護部長の小貫さん、病棟主任の大沢さん、当院である医療法人社団協友会笛吹中央病院・認知症看護認定看護師の安藤さん、私雨宮、アドバイザーに医療法人生生会松蔭病院・精神化認定看護師貝田さん、進行役に医学書院の石川さんの参加をもって、座談会が開催されました。

身体拘束最小化をしていきたいが、どうしてもできない部分を話し合い、アドバイスをいただくことができました。

私からの困っている状況の提案をさせていただきました。

急性期でも慢性期でも治療が必要な点滴管理患者やチューブ留置患者等、抜去されてしまうケースがたくさんあります。見えないように病衣の中に入れ込んだり、固定方法を工夫したり行っています。身体拘束をしないとなれば、看護師1人がその患者さんにずっと付き添っていなければなりません。また、患者さんが抜針してしまった、転倒してしまったなど、そこにあった看護師の疲弊を聞くと、何とかしてあげたい。その場合は身体拘束もやむなしと思ってしまう。

医療安全や職員ができることの限界を考えると、どう考えていけばいいのかわからなくなってしまう。

貝田さんからのアドバイス

1人が見守り、もう1人が業務遂行する。その2人に「あなたたちはこういう大事なことをしているんだよ」と伝えてあげる。そして業務をしているスタッフには「相手の分まで補ってもらってありがとうね」と言うかもしれない。自分たちの価値観をどう変えていくかが問われていると思うと話された。

松沢病院の同意書は、身体拘束を了承するものではなく、「身体拘束はしません。そのために歩行中の転倒、ベッドや椅子からの転落による骨折事故が起きる可能性。病院としても可能な限り事故防止策を講じ、職員も注意を払っております。こうしたリスクについて、あらかじめ承知していただきたくお願い申し上げます」となっているようです。

編集部から、転んでも責任を取りませんよではなく、自分たちが大事にしていること、だから私たちはこういう看護をしますと家族と話し合うためのツールにしているそうです。

「身体拘束をしない」同意書を作り、家族とスタッフの心配を軽くすることができるのでは・・

なるほど、こういう同意書があると、もう少しスタッフが心配せずに安心の中で働けるかもと感じた。

今後「身体拘束最小化」に向けて取り組んでいきたい。

今回このような機会を作っていただいた、医学書院の石川様・日高様に感謝申し上げます。

この座談会の内容が、「医学界新聞(看護師版)第3418号」「精神看護 5月号」に掲載されました。

DSC05078 (2)DSC05080 (2)

DSC05074DSC05076 (2)

興味がある方は是非お読みくださいませ。

またWeb版も更新されています。

https://www.igaku-shoin.co.jp/paper/archive/y2021/3418_02

認知症対応力向上研修を開催して

2月1日および2月15日の2日間、認知症対応力向上研修が行われました。

看護部・リハビリスタッフ・栄養士など多職種の参加がありました。

当院では、11月から認知症カフェを開店しています。

地域の方々から話の場や憩いの場として活用してくれています。

また、入院患者さんの中にも認知症の患者さんが増加しています。

2025年には、高齢者(65歳以上)の5人に1人が認知症と言われています。

そのためには、医療従事者が認知症の患者さんとどのように関わり、対応していくかが重要になってきます。

今回の研修では、現場に活かす内容であり、対応の仕方を学ばせいていただきました。

認定

認知症の患者さんは、晩年まで読む機能は維持されると話していました。

DSC04043

DSC04046

文字に書くて残すこと、家族の写真を飾ること、時計やカレンダーを飾るなど、たくさんの介入方法を学ばさせていただきました。

目からうろこの講義内容でした。参加したスタッフは明日からの看護介入の方法が見い出されたと思います。

また、当院は山梨県認知症サポート事業所にも参加しています。

DSC04055

DSC04057

認知症ケア専門士や認知症キャラバンメイト・認知症サポーターが数多くいます。専門性を発揮するために、オレンジリングの代わりに、名札にロバのロゴを張り、意識を高めていこうと思っています。

DSC04053

これからも、認知症を理解し、先入観を捨て、患者さんの訴えに耳を傾けていきたいと思います。

大規模災害トリアージ訓練

11月10日、大規模災害訓練が開催された。

DSC03795

DSC03798

DSC03821

地域の災害拠点病院としての使命を維持、対応できるように・・

DSC03810

DSC03806

DSC03773

職員の災害に対する意識の確認と平事の時からの訓練の大切さを踏みしめて

毎年、災害対策への士気が高まっていく。

地域の病院として、有事の時に困惑しないように・・

訓練後の反省を活かし、訓練を積み重ね

地域災害拠点病院として努力していきます。

また、毎年日本赤十字の方々による負傷者ボランティアに感謝しております。

DSC03761

新人ファローアップ研修・・7ヶ月

毎月行われているファローアップ研修

今回は、人工呼吸器の研修

DSC03758

夜勤のシャドー研修も開始され、急変時の対応や重症者も受け持つことが

課せられてきます。

DSC03760

 

入職してから7ヶ月が経ち、顔つきにも変化が出てきました。

さあ・・独り立ちの第一歩

大いに学び、成長していってね。

DSC03759

患者さんに選ばれる看護師になってください。 ( ^)o(^ )

 

第60回全日本病院学会in東京に参加

10月6日、全日本病院学会で当院の医療安全で取り組んだ結果を発表してきました。

「転倒・転落事故ゼロを目指して~転倒・転落防止表示カード導入にの取り組み~」をリスク管理を目的とした研究を行ってきました。

医療安全管理者からの発表なので、座長からも可視化することは大切と好評がありました。

DSC03690堂々と発表

DSC03691

表示カードとてんとう虫シールの導入によって、転倒・転落率の低下や障害発生率の低下が4年間の取り組みで評価された結果となりました。

”"”"”"

治療のために、身体抑制は必要となることはありますが、転倒・転落アセスメントで予測される判断や対策を講じることは重要と感じています。

患者さんに安全で安心な療養環境を提供していくために、今後も活動を継続していきます。

”クリックすると新しいウィンドウで開きます”