第64回全日本病院学会in広島

2023年10月14日・15日 全日本病院学会が開催されました。

DSC06216

 

 

 

 

 

 

 

 

テーマ

【未来の子供たちへ】~脱高齢ニッポン!

どの会場も熱気があり、有意義な講演内容でした。

今回病院からポスター発表をさせていただきました。

テーマ

【一般病院で院内デイケアを試みて】~認知症患者の行動の変化~

14日(土)17:10~18:10 広島コンベンションホールDSC06218

 

 

 

 

 

最後の時間にもかかわらず大勢の方々に発表を聴いていただきました。

DSC06217

 

 

 

 

 

 

1697613399997 (002)

 

 

 

 

 

 

 

1697613400039 (002)

 

 

 

 

 

 

 

 

Q:なかなか賛同してくれる人が少なく、回数や人員を確保できな い。どうすれば定着できるのか?

A:看護部でチームを結成し、院内デイケアの企画運営をしてもらいました。また、医師からの院内デイ参加許可指示をいただき、院内デイケアを定着させました。

認知症看護認定看護師が在籍しているため、相談や認知症患者への運営もスムーズに行うことができました。

今回の研究結果で、N式老年者用精神状態尺度を用いて、院内デイケア前・後でウイルコクソンの符号付順位検定をかけ、有意差があったため、有用性が証明されました。今後も認知症患者への関わりの一つに院内デイケアを継続していきたいと思います。

”"

”"

 

 

 

今年3月在宅支援センターへ異動・・しました。

ご無沙汰しています。

2014年10月公的病院から民間移管され現在の笛吹中央病院に勤務し、20年が経ちました。看護部長として12年、現在は地域になくてはならない病院になりました。39年間、看護師を辞めることなく看護に没頭することができたのは、家族の支えと患者さんからの看護への導きだったと思います。

DSC06001

 

 

 

 

 

DSC05987

 

 

 

 

 

 

 

今年2月に定年を迎え、3月から笛吹中央病院附属おひさま在宅支援センターに異動しました。

 

DSC06055

 

 

 

 

 

 

皆様方にご愛顧していただいた、ナースA子のお笑い珍道中のブログも、なかなか投稿ができず申し訳ございませんでした。今後は在宅支援センターのホームページよりナースA子のお笑い珍道中を掲載しますので、どうか訪問してみてください。(❁´◡`❁)

6月1日~新人看護師等配属決定

5月31日、私と面談 配属部署の希望と理由等について確認

モチベーションの維持に繋げるために、希望部署への配属を決定

2病棟:障害者施設等病棟 3人が決定

DSC05658

 

 

 

 

所属長とハイチーズ パシリ

 

3病棟:急性期外科病棟  4人が決定

DSC05659

 

 

 

 

所属長とハイチーズ パシリ

 

4病棟:急性期内科病棟  5人が決定

DSC05661

 

 

 

 

所属長とハイチーズ パシリ

 

手術室:入職前から決めていたと・・1人が決定

DSC05662

 

 

 

 

所属長とハイチーズ パシリ

 

血液浄化センター:一つの分野を高めたいと・・1人が決定DSC05663

 

 

 

 

主任さんとハイチーズ パシリ

 

同期は、困ったときには看護部長室にGO・・

DSC05665

 

 

 

 

 

 

DSC05656

 

 

DSC05657

 

 

 

 

看護功労者および県民の看護師さんの受賞

令和4年度

看護功労者:長田啓子さん

DSC05650

県民の看護師さん:加賀美香織さんの2人が受賞されました。

DSC05649

 

 

 

 

 

 

 

 

2人の看護の功績は多大なものです。

看護部の発展のため、尽力をしていただき感謝申し上げます。

5月27日 峡東地区支部の定期総会にて花束贈呈式がありました。

二人とツーショットでにっこり

DSC05647

 

 

 

 

 

 

DSC05653

 

 

 

 

 

 

おめでとうございます。そしてお疲れまだでした

これからもよろしく( ^ω^)・・・

看護の日の催し(o^―^o)ニコ

5月12日はナイチンゲール生誕の日です。

DSC05623

 

 

 

 

 

 

DSC05638

 

 

 

 

 

 

 

看護の普及キャンペーンは、21世紀の高齢社会を支えていくためには、看護の心、ケアの心、助け合いの心を私たち一人ひとりが分かち合うことが大切。こうした心を老若男女問わず、誰もが育むきっかけになるように制定されました。

DSC05640DSC05644

ここ2年できなかった看護の日のイベントを縮小して開催しました。

外来受診に来た患者さんや家族を対象に、健康相談やお薬の相談等のブースを開設しました。

受診の合間にも関わらず、40人の方がブースを訪れてくれました。

DSC05646

 

 

 

 

 

 

相談には、薬の変更への不安や効果、受診継続の必要性など・・相談されたことで笑顔になり帰宅する姿に、対応したスタッフは喜びを感じた瞬間だったと・・

また来年も開催できることを祈って・・閉設