禁煙アクションプランポスターコンテスト 最優秀賞

山梨県看護協会 第4次禁煙アクションプランポスターコンテストに応募

★厚生労働省 国民健康栄養調査 平成30年度によると

喫煙率は、全国20歳以上の男性:29.0% 20歳以上の女性:8.1% 全体17.8%でした。                                     タバコをやめたいと思う割合は、全国20歳以上の男性:30.6% 20歳以上の女性:38% 全体32.4%でした。                                 

★山梨県看護協会 第3次アクションプラン2018年の結果

山梨県で働いている看護職の喫煙率 16.4% 勤務中の喫煙率 7.8% という結果が出ています。

★当院の看護部の喫煙率:2017年度 26.3% 2018年度 26.1% 2019年度 23.0%  全国や山梨県看護職の喫煙率よりオバーしています。少しづつではありますが、喫煙率は減少傾向。たばこの害について考えているのかと感じています。

2020年4月1日より原則屋内禁煙となり、望まない受動喫煙を防止するための取り組みがマナーからルールへと変わり、喫煙率を20%以下に減少させる目標を掲げ、看護管理者会議や入職時を活用して喫煙指導を行っています。

今回のポスター募集で、被り物を付けたポスターが最優秀賞に選ばれ、賞状と商品をいただきました。有効に活用させていただきます。

ポスターを全部署に掲示したことで、再度たばこの害について考えてほしいと願うばかりです。

nagareboshi_oinori_negaigoto

このポスターは、山梨県の60の病院に発信されました。

皆様、掲示してくれていますか?

DSC04962  後方の左から2番目私です。

DSC04963

これを機に「白衣を着るなら喫煙ゼロ」に取り組んでいきたいと思います。

kinen_mark0000142595

コロナ禍で頑張る新人看護師たち

お久しぶりです。なかなか投稿できずにすみませんでした。

近況報告をしますね。

今年は6人の新人が入職をしました。

DSC04888  5月8日から希望部署に配属

元気いっぱいで意欲的な新人看護師さんばかりです。DSC04959

DSC04952

毎月の新人ファローアップは3密にならないように、研修を開催しています。

DSC04880

納涼会も中止、忘年会も中止、研修会も8月から開催するなど、コロナ禍では

制約されることもたくさんあります。

それでも、医療従事者は前に身いて動いています。

うつさない・うつらないを基本において、感染対策に徹しています。

Thumbnail-CL-LIF-ME-014

COVID-19はいつ終息するのでしょうか?

Thumbnail-CL-LIF-ME-121

看護の底力を感じる毎日です。心身ともに疲弊しているにもかかわらず、「ナースの魂」がみなぎっています。

看護師の輝く瞬間を一緒に味わえるなんて、とっても感動です。

まだまだ見えない敵に、これからも一致団結して、前に進んでいきたいです。

いつかは春の訪れを信じて・・

spring_tulip_sakura_1198

院内デイケアぽかぽかの開設・・笑顔の輪が広がった

2019年2月20日(水)

待ちに待った院内デイケアぽかぽかを開設することができました。

DSC04060

DSC04062

入院患者さんは、6人の参加がありました。

keirou-530x384[1]

最初は、消極的の姿でしたが・・

自己紹介、歌を唄う、パタカラ体操などで発声することで

笑顔が増えました。

pata_01[1]hana3[1]

4月のカレンダーを塗り絵を開始

すると、桜の花びらをピンク色、木の枝は茶色、葉っぱは緑と

その色彩にあった色を、自ら選び塗っていました。

DSC04065

DSC04066

口数も増え、閉じていた眼が開き、飲めなかったお茶をのんでくれたり

嫌だと言っていた患者さんが、真剣にカレンダー作りをしていました。

たった2時間の院内デイケアでしたが、患者さんの笑顔とベッド離床ができたことが、一番嬉しかったことです。

まだ、始めたばかりですが、昼夜逆転を解消し、入院生活に活力を与え意欲と良眠が得られるように、院内デイケアが継続できるように、実施していきたいと思います。

3月は20日を予定しています。

認知症ケアチームが楽しい企画を計画しています。

笑顔いっぱいの輪を広げていきたいと思います。( ^)o(^ )

認知症対応力向上研修を開催して

2月1日および2月15日の2日間、認知症対応力向上研修が行われました。

看護部・リハビリスタッフ・栄養士など多職種の参加がありました。

当院では、11月から認知症カフェを開店しています。

地域の方々から話の場や憩いの場として活用してくれています。

また、入院患者さんの中にも認知症の患者さんが増加しています。

2025年には、高齢者(65歳以上)の5人に1人が認知症と言われています。

そのためには、医療従事者が認知症の患者さんとどのように関わり、対応していくかが重要になってきます。

今回の研修では、現場に活かす内容であり、対応の仕方を学ばせいていただきました。

認定

認知症の患者さんは、晩年まで読む機能は維持されると話していました。

DSC04043

DSC04046

文字に書くて残すこと、家族の写真を飾ること、時計やカレンダーを飾るなど、たくさんの介入方法を学ばさせていただきました。

目からうろこの講義内容でした。参加したスタッフは明日からの看護介入の方法が見い出されたと思います。

また、当院は山梨県認知症サポート事業所にも参加しています。

DSC04055

DSC04057

認知症ケア専門士や認知症キャラバンメイト・認知症サポーターが数多くいます。専門性を発揮するために、オレンジリングの代わりに、名札にロバのロゴを張り、意識を高めていこうと思っています。

DSC04053

これからも、認知症を理解し、先入観を捨て、患者さんの訴えに耳を傾けていきたいと思います。

認知症カフェ すぴーち

笛吹中央病院では、月1回認知症カフェすぴーちを開店しています。

12月から始め、1月19日 2回目の開店となりました。

~名前の由来~
誰もが素〈す〉になって語りあう「スピーチ」
親しみやすい笛吹市の特産「ピーチ」

認知症を通してみんなが集い、誰もが素になって語りあえる場を提供したい

という思いを込めてカフェを立ち上げました!!
DSC04038
話す、聴く、受け止める、情報を提供する、情報を共有するなど、認知症サポート医・認知症ケアチーム・認知症ケア専門士・認知症キャラバンメイトたちで運営しています。

参加者は、語りの場で介護の思いや認知症の理解を深めるなど、来て良かったと話してくれています。

DSC04036

DSC04037

2月9日に第3回目の開店となります。

沢山の方の来店をお持ちしています。